ノルウエー旅行

北欧旅行12日目 ノーリス号(ブレンネイスン(Bronnoysund)散策)

  1. HOME >
  2. ノルウエー旅行 >

北欧旅行12日目 ノーリス号(ブレンネイスン(Bronnoysund)散策)

今日は一日のんびりと船旅です。

途中、ブレンネイスン(Bronnoysund)で2時間半の停泊時間が有るので町の散策が出来そうです。

スーパーにも行って買い物をしたいです。

 

北欧旅行12日目(9月22日)の日程

スタムスン(Stamsund)➡ボード―(Bodo)➡オルネス(Ornes)➡ネスナ(Nesna)➡

サンネスシェーン(Sandnessjon)➡ブレンネイスン(Bronnoysund)➡ロルヴィク(Rorvik)

 

ノーリス号の一日

今日も快晴です。

夜中の2:30にボード―(Bodo)に寄港、接岸の時ちょっと目が覚めましたがすぐに寝てしまって、揺れることも無く快適に過ごせました。

陸地に沿って船は進むため、景色も移り変わるので飽きることは有りませんでした。

本を読んだり、デッキに出たり、旅行中で初めてのんびり出来ました。

また、テレビを楽しむ気分的余裕が出来て、夜にはサッカーの試合の放映を見つけ、これがとても楽しかった。

サッカーは多分、ノルウェーでも人気のスポーツらしく、ローフォーテンの最西端の村オー(A)にも人工芝ですが子供用と思われる、手入れの行き届いたコートが有りました。

ノルウェーのサッカーコートは日本の物より縦横とも短いようで、その上選手の動きも良いので、ボールがすぐにゴール前に運ばれ、試合テンポが速くて見ていて飽きません。

言葉が分からなくてもOKなので、ノルウェー滞在中の夕食後の楽しみになりました。

朝の顔の私と海

救命ボート、これのお世話にはなりたくありませんねー。

救命ボート

船から眺める大西洋の夕日です。

ポルトガルでも大西洋を見ましたが、その時は焼き栗が美味しくて食べすぎ、その上食事も美味しかったので食べすぎ、案の定体調を崩してしまいあまり覚えてなかったので、今回改めて感動しました。

夕焼けの海

刻々と変わる空の色が素晴らしい!

パステルカラーの空

 

 

ネスナ(Nesna)

小さな村なのにたくさんのヨットが係留されています。

岸壁のヨット群

小さな港で荷物の受け渡しを終え就航です。

ネスナの港

 

 

ブレンネイスン(Bronnoysund)

ここでは2時間半の停泊なので、ツアー客はバスでどこかへ行かれてましたが、私達を含めて20人ほどは下船後町をぶらぶら。

しかし、今日は日曜日なので店という店はすべてお休み。

スーパーマーケットで買い出し予定だったのにそこもお休み。

一軒開いていたコンビニへみんな吸い寄せられるように入って行きました。

日本のコンビニのようにお惣菜は売っていませんが、果物は売っていたのでバナナ、それにヨーグルト、ハム、お菓子などを買い込みました。

ブロースンの地図

ほんとに何でもないような町なのにツアー客の人達は何処へ行ったんでしょう?

グーグルマップで周辺を探しても何も見つかりませんでした。

赤い橋と私

この橋の下を通り外海へ。

船と半円の橋

ブレンネイスンの町の全景です。

橋とブロノイスンの町

だいぶん南に下がってきたせいか山に雪は有りません。

遠くの村

今夜もサッカーを見ましょう。

-ノルウエー旅行

© 2020 定年退職からの海外旅行