ラスベガス

ネオン輝く街

 ラスベガスは、アメリカ合衆国西部のネバダ州南部にある同州最大の都市で、昼夜に渡って24時間眠らない町として有名で、カジノなどのギャンブルができることで世界中に知られています。

 気候は砂漠気候で、夏は40度を超える日も有り、湿度は10%と低く乾燥していますが、冬はマイナスの日もあり、寒暖の差が激しい。

ラスベガス空港

大きなウサギとおばさん

 ラスベガス空港は、正式名称‘マッカラン国際空港(MACCARRAN INTERNATIONAL AIRPORT)’で、ラスベガス郊外のパラダイス地区にあり、各ホテルへのアクセスが良いことと、空港内に一歩足を踏み入れると、これぞラスベガスと言わんばかりに、通路といわず到る所にスロットマシンが置かれています。

 ラスベガス空港は、一般的な旅行者の宿泊するエリア‘ストリップ’から約3マイル(5キロ)の所にあり、ターミナルビルは1と2に別れていて、ターミナル1は主に国内線の発着、ターミナル2は国際線の発着と一部の国内線の発着に利用されています。

 日本からの直行便は、現在ラスベガスに乗り入れしていないので、通常国内線としてラスベガスに到着しますが、アメリカン航空、ユナイテッド航空、ノースウエスト航空などの航空会社は、ターミナル1を使用しています。

空港からストリップへのアクセス

とんがり屋根のホテル

 ラスベガス空港からホテルのあるストリップまでは、車で約15分で、タクシー、乗り合いのエアポートシャトル、日系の旅行会社が運行する空港送迎サービスなどを利用して行くことができます。

タクシー

 ターミナルビル内の‘TAXIS’の表示にそって進むと、ターミナルビルを出たところにタクシー乗り場があり、係りの人の誘導に従って乗車していきますが、ぼったくりのタクシーもあるので要注意です。

 料金はメーター制で、空港から乗車する場合は、1.80ドルの空港利用料がかかり、メーター料金にプラスして支払う必要がありますが、空港外より空港へ行く場合は、空港利用料金はかかりません。

料金:1台あたり約15ドル(プラス空港利用料1.80ドルと15%程度のチップ)
 所要時間:約15分

シャトルバス

 乗り合バスのことで、ターミナルビルを外に出たところに、チケット売り場があり、そこでチケットを購入し、指示されたバスに乗車してホテルへと向かいます。

 又、荷物1つに1ドル程度のチップを、降車して荷物をドライバーより受け取った際に渡しましよう。

 料金:1人約6.50ドル(ホテルまでの距離によって異なる)
 所要時間:約15分(他の乗客の待ち時間除く)

市内交通

 ほとんどの観光客は、宿泊するストリップ通りから遠出することは少ないと思いますが、トラムやバスなどの公共の乗り物も充実しています。

トラム

車両

 トレジャーアイランドとミラージュ・ホテルを結ぶ無料トラムが有り、お隣同士で建つホテル間を結ぶ無料のトラムで、朝09:00amから夜中12:00pmまで15分毎に運行していて、トレジャーアイランド・ホテルの乗り場は、セルフパーキング側にあり、ミスティアショーの会場近くで、ミラージュ・ホテルは正面玄関近くにあります。

タクシー

 交通手段で一番便利なのはやはりタクシーで、料金設定も日本に比べ安いが、流しのタクシーは無いので、道路や交差点でタクシーを拾う事は困難です。

 タクシーは一般的にホテル出入り口、ショッピングモールのエントランスやアウトレットのタクシー乗り場から乗ったほうが安心です。

デュースバス(DUECE)

 ラスベガス大通りを南北に走る公共バスで、ラスベガス・アウトレットからラスベガス・ダウンタウンまでカーバーし、料金は1回乗車3.00ドルで運転手の横にある料金箱にお金を入れ(おつりは出ない)、1日券(24時間)7.00ドルで乗車チケットは運転手から購入できます。

キャット(CAT)

 ラスベガスのダウンタウンから、郊外の住宅地まで広くカバーしている公共のバスで、料金は1回乗車券1.75ドルで、1日券は7.00ドル、運賃の支払方法は、DEUCEと同じです。

アトラクション

ミッキーと背を向けたミニー

 ナイトショウにはホテルが行っているフリーのショーと、チケットを買って見るショーがあって、ここラスベガスはニューヨークのブロードウエーで見られるようなショーを見ることができ、チケットも各旅行会社やホテルなどで、当日券は‘TIX 4 TONIGHT’のチケット売り場で入手可能です。

フリーのショー

ダンサー達

 ストリップ沿いのホテルが、いろいろと工夫を凝らしたショーを催しているので、それを見るだけでも十分楽しめます。主なショーは下記の通りです。

噴水ショー

夜の噴水

 会場:ホテル・ベラッジオ
 ⇒ 時間:日曜日7:00pm~11:45pm(15分毎)
 月~土曜日3:00pm~7:00pm(30分毎)7:00pm~11:45pm(15毎)

 噴火ショー

 会場:ホテル・ミラージュ(正面玄関前の池)
 ⇒ 時間:6:00pm~11:00pm(毎時正時毎)

海賊ショー

海賊船

 会場:ホテル・トレジャーアイランド
 ⇒ 時間:5:30pm、7:00pm、8:30pm、10:00pm

人造人間パフォーマンス

 会場:ホテル・シーザーパレス
 ⇒ 時間:11:00am~11:00pm(毎時正時毎)

IRCUS ACTS

 会場:ホテル・サーカス・サーカス(子供大歓迎)
 ⇒ 時間:11:00am~深夜まで30分おき

ホテル

 会場:ホテル・ベラッジオ
 ⇒ 時間:7:30pm、10:00pm(水曜~日曜)
 ⇒ 料金:98.5ドル~(税、手数料別)
 ⇒ シルク・ドゥ・ソレイユが演じる水上アクロバットショー、ベガスNo.1の人気を誇る。

 会場:ホテル・MGM Grand
 ⇒ 時間:7:00pm、9:30pm(火曜~土曜)
 ⇒ 料金:69.00ドル~(税、手数料別)
 ⇒ 2013年6月29日の公演中に起きた死亡事故のため休演中、要確認。

MIYSTERE

 会場:ホテル・トレジャー・アイランド
 ⇒ 時間:7:00pm、9:30pm(土曜~水曜)
 ⇒ 料金:69.00ドル~(税、手数料別)
 ⇒ シルク・ドゥ・ソレイユが演じるアクロバット主体のショー。

BLUE MAN GROUP

 会場:ホテル・モンテ・カルロ
 ⇒ 時間:7:00pm、9:30pm(木、金は7:00pmのみ)
 ⇒ 料金:59.00ドル~(税、手数料別)
 ⇒ 役者が顔を青く塗って、しゃべることなく演じるコミカルショー。

LOVE

 会場:ホテル・ミラージュ
 ⇒ 時間:7:00pm、9:30pm(土曜~水曜)
 ⇒ 料金:79.00ドル~(税、手数料別)
 ⇒ シルク・ドゥ・ソレイユとビートルズのコラボレーションでヒット曲をバックにアクロバットショーを展開する。

LEGENDS IN CONCERT

 会場:ホテル・フラミンゴ
 ⇒ 時間:4:00pm(9:30pmや10:00pmに上演する時もある)
 ⇒ 料金:52.15ドル~(手数料別)
 ⇒ ラスベガスでもっともポピュラーな物まねショーでエルビスプレスリーやマドンナ、マイケルジャクソンも登場。

MICHAEL JACKSON ONE

 会場:ホテル・マンダレイ・ベイ
 ⇒ 時間:7:00pm、9:30pm(土曜~水曜)
 ⇒ 料金:69.00ドル~(税、手数料別)
 ⇒ シルク・ドゥ・ソレイユとマイケル・ジャクソンのコラボレーションでヒット曲をバックにアクロバットショーを展開する。

LEREVE

 会場:Wynn Las Vegas
 ⇒ 時間:7:00pm、9:30pm(土曜~水曜)
 ⇒ 料金:105.00ドル~(税、手数料別)
 ⇒ 水上、水中、空中を使うアクロバットショーで、シルクの"O"と非常によく似ている。

JABBAWOCKEEZ

 会場:ホテル・ルクソール
 ⇒ 時間:7:00pm、(木、金、土は9:30pmもあり)
 ⇒ 料金:55.00ドル~(税、手数料別)
 ⇒ 白い仮面をかぶったダンサーが、色々な一風変わったダンスを繰り広げる。

カジノ

 常連さんも初心者も等しく一攫千金の夢が叶う(!?)ラスベガスのゲーミングで、英語が話せなくても楽しく遊べるから、チャレンジしてみる?

スロットマシーン

服装

 Tシャツなどのカジュアルな服装でOKですが、高額プレーのバカラテーブル(ルーム)でのラフな格好は恥をかくのでご注意を!

年齢制限

 法律で21歳未満はゲームに参加はできませんし、子供はカジノへの立ち入りも禁止されている為、パスポートの携帯は忘れずに。

撮影

 写真撮影は記念写真といえども禁止で、フィルムを没収されたりすることもあります。

両替

 カジノの内にあるキャッシャー(Casher)(ケージCage、チェンジChangeの場合あり )で行います。

 日本円やトラベラーズチェックの両替もここで行い、また、VISAやマスターカードからのキャッシングの出来るATMもここにあります。

カジノ用語

 耳慣れない言葉もあるのでチェックしておきましょう。

チップ(Chip)

 心付けのチップではなくて、ゲーミングチップのことで、主に、テーブルゲームで使用することが多い

ベット(Bet)

 賭け金のことで、賭けることそのものをさし、ゲームマシンやテーブルゲームでもっとも頻繁に使う言葉です。

ミニマム・ベット(Minimum Bet)

 最低賭け金のことで、指定の金額以外では遊ぶことはできなくて、マシンでは5セント、テーブル10ドル、ホテルやテーブルによっても違うので注意。

ブック(Book)

 賭けることを指し、主にスポーツギャンブル、競馬などで使われる単語です。

ゲーミング(Gaming)

 カジノで使われる場合はいわゆる賭博のことで、一般に‘ギャンブル’には使われない。

ピット(Pit)

 円形に並んだゲームテーブルのある一帯を指し、ピットの内側は立ち入り禁止になっています。

カード(Card)

 トランプカードのことで‘トランプ’では通じませんし、クレジットカードの場合は略さないで言いましょう。

イーブン(Even)とオッド(Odd)

 イーブン(Even)は奇数のことで、オッド(Odd)は偶数のことで、主にルーレットで遊ぶ時に使用します。

ハイ・ローラー(High roller)

 一度に数千ドル以上賭ける高額ギャンブラーのことで、バカラテーブルに多い。

スロットマシーン

 空港でもホテルでもどこでも遊ぶことができ、一般的には50セント~100ドルの台があり、コイン紙幣の両方が使えます。

 一攫千金を狙うなら、多額の数字がマシンの上に電光掲示板で表示されている、ブログレッシブタイプを選ぶとよく、細く長く遊ぶならノーマルタイプのマシンを選びましょう。

遊び方

  1. コイン又は紙幣を投入口(INSERT BILLSの表示)にいれると、何回遊べるかの表示(BET)が画面にでます。
  2. ‘PLAY 1 CREDITS’又は‘PLAY 5 CREDIT’(最高限界枚数)のボタンを押す。(大当たりジャックは最高限度枚数を賭けないと適用外)
  3. 次に‘SPIN REELES’のボタンを押すとリールがまわる。
  4. リールが自動的に止まり、絵柄が揃えば配当があります。
  5. 配当を受け取る場合は‘CASH/CREDIT’ボタンを押す。(1200ドル以下ならすぐ現金をもらえるが、それ以上はパスポートが必要)

ルーレット

 運だけが勝負の分かれ目の初心者向け‘数当てゲーム’で最初にテーブルに置かれたミニマム・ベット(Minimum Bet)を必ず確認しよう。

 ボールの行方を予想して、ルーレット専用のホイールチップ(ディーラーが両替)を賭けるが、赤、黒、奇数、偶数、数字など様々な賭け方がある。

 ディーラーが盤をまわし"NO MORE BET(受付終了)"と言うまで参加できる。

ビデオポーカー

 役の強さで配当が変わるゲームで長く遊ぶことが出来、ワンペアーとツーペアーは賭け金と同額の配当を受け取ることが出来る。

 配当のある役は、ジャックのワンペアー以上で、機種によって若干配当のある役が違う。

 残しておきたいカードのみ‘HOLD’ボタンを押した後‘DEAL DRAW’を押せばカード交換でき、役によって配当金が支払われる。

ブラックジャック

 2枚以上のカードの合計の数字を競うゲームで、最高は21で22以上はパーストで負けになる。

 Aは1か11の好きな方の数字を選び、絵柄はすべて10で計算し、カードは何枚でももらえ、必要なら‘ヒット’不必要なら‘ステイ’と言います。

 3~16なら思案、17以上ならステイが基本で、ディーラーは17以上になるまでカードを引きます。

キノ

 80個の数字の中から好きな数字20個を選び(カジノによって異なる)、当たりを予想するゲームで、キノ・コーナーでもらった専用用紙に、好きな数字にマークをいれる。

 そして賭け金(1ドル~)をカウンターに提出すると、電光掲示板の前で待って、当たりが出たら配当をもらう。

ショッピング

 ラスベガスはショーを見たり、カジノで遊ぶだけではなく、近郊に3つのアウトレットもあり、お昼はちょっと遠出して、砂漠の風景を楽しみながらアウトレットに出かけ、賢いショッピングをすることができます。

ファッション・アウトレット

 ストリップからは70Kmと遠いが、バーバリーやコーチなど約100店舗が立ち並ぶ大型アウトレットで、タクシーだと100ドルもかかるが、MGM グランドホテル&カジノからシャトルバスが出ています。

 シャトルバスだと往復料金15ドルと手軽に行け、予約が必要ですが、チケットはMGMグランド内にあるチケット売り場か、電話予約(702-874-1400)にて購入可能。

 営業時間:10:00am~8:00pmで年中無休(12月25日を除く)
 公式ホームページ:http://www.fashionoutletlasvegas.com/

ラスベガス・プレミアム・アウトレット

ストリップから北へ7Kmと比較的近く、カルバン・クラインなど約150店舗が立ち並ぶ野外型アウトレットモールで、ただ屋外にあるため、真夏はちょっと暑いかも?。

 タクシーで約20ドル(15分)なので、ホテルのタクシー乗り場から乗車して行かれては?

 営業時間:
 10:00am~9:00pm(日曜は8:00pmまで)、年中無休(サンクスギビングデー、12月25日を除く)
 公式ホームページ:http://www.premiumoutlets.com/outlets/outlet.asp?id=58

ラスベガス・アウトレット・サウス

 中心部からやや南に外れたところにある、庶民はのインドアのアウトレットなので、真夏でも涼しくお買い物ができます。

 タクシーでは20ドルほどかかりますが、カジュアルウエアやスポーツ用品、家庭雑貨など観光客だけでなく、地元の人たちにも人気で、いつも賑わっています。

 営業時間:10:00am~9:00pm(日曜は8:00pmまで)、年中無休(12月25日を除く)
 公式ホームページ:http://www.premiumoutlets.com/outlets/outlet.asp?id=61

ベガス発着ツアー

 市内イルミネーション観光ツアーをはじめ、グランドキャニオン、ザイオン、アンテロープなどの国立公園を巡る各種ツアーがラスベガスから出ているので、アメリカの大自然を肌で感じるのもいいでしょう。

 グランドキャニオン国立公園の詳細については‘グランドキャニオン国立公園について’のページをご覧ください。

To page top ページの先頭へ