ウエストランド氷河地方

ウエストランド地方の海岸のようす

 ニュージーランド南島、中央部の西海岸、アオラキ/マウントクック国立公園の西50Kmに位置する、ウエストランド国立公園(Westland NP)はウエストランド氷河地方にあり、世界自然遺産にも登録され、周辺に140近くある氷河のなかで、フランツ・ジョゼフ氷河(Franz Josef Glacier)とフォックス氷河(Fox Glacier)はアクセスが容易で、誰もが手軽に氷河の大自然を堪能することが出来ます。

 氷河地域は海岸から直線距離にして10Kmと近く、また、温帯域にあるにもかかわらず、近隣の村から徒歩で見に行ける氷河は世界でも珍しく、巨大なクレバスや青く輝く氷河湖などを自分の目で見てみましょう。

ウエストランド国立公園へのアクセス

ウエストランド地方の地図

 ウエストランド国立公園へは北と南からの2つのアプローチの方法があり、北からは、インターシティ/ニューマンズ・コーチラインズとアトミック・シャトルが、南島の北の町ネルソンからウエストコーストの各町を経由してフランツ・ジョゼフ氷河を通り終点フォックス氷河まで、所要時間約10時間25分。

 また、クライストチャーチからは、鉄道トランツ・アルパイン号でグレイマウスまで行き、前述のバスに乗り換えて行くことが出来ます。

 南からは、長距離バスでクイーンズタウンから、ワナカを経由してフォックス氷河、終点フランツ・ジョゼフ氷河まで、所要時間約8時間で運行しています。

 ※列車、バスについては ‘ニュージーランド国内交通’ のページ参照。

フランツ・ジョゼフ氷河

ブルーに輝く氷河

 フランツ・ジョセフ氷河の名前は、オーストリアの地質学者によって、自国の皇帝の名前から付けたもので、氷河への拠点の町にも同じ名前が付けられています。

 フランツ・ジョセフの町は、メインストリートにiサイト(観光案内所)などの観光に関するオフィスが並び、1本入った道には宿泊施設の建物があるだけの小さな町ですが、人々は、氷河を訪れる人々を温かく迎え入れています。

遊覧飛行

 ヘリコプターや小型飛行機で氷河の上を遊覧するもので、コースによって、氷河の上に着陸するコースなどもあり、ここでは4社が運営しています。

 飛行機のほうがヘリコプターよりは高い位置からの観光が可能です。

 ヘリコプター会社
 Fox&Franz Heliservices(ホームページ):http://www.scenic-flights.co.nz
 Glacier Helicopters(ホームページ):http://www.glacierhelicopters.co.nz
 Mountain Helicopters(ホームページ):http://www.mountainhelicopters.co.nz
 The Helicopter Line(ホームページ):http://www.helicopter.co.nz

 小型飛行機運航会社
 Mount Cook Ski Planes(ホームページ):http://www.mtcookskiplanes.com
 Air Safaris(ホームページ):http://www.airsafaris.co.nz

ヘリハイク&氷河ウオーク

 ヘリハイクとは、ヘリコプターで氷河の中央部へ遊覧しながら移動し、着陸後2時間ほど氷河ウオークするものです。

 氷河ウオークとは、氷河の末端部までバスで移動し、ガイド付きで氷河の上を、半日とか1日とか歩くことで、ヘリハイクに比べると少し体力がいります。

氷河観光に必要な物
  • ウールや化学繊維の速乾性のある暖かい服装
  • 食べ物と飲み物は必要以上に持参
  • サングラス、日焼け止め、カメラ
  • リュックサック
氷河観光に持って行ってはいけない物
  • iPods 、MP3プレイヤー
  • 携帯電話
  • パスポート
  • 財布、お金
  • ホテルや車の鍵

 ヘリハイク&氷河ウオーク運行会社
Franz Josef Glacier Guides(ホームページ):http://www.franzjosefglacier.com

 シャトルバス会社
Glacier Valler Eco Tours(ホームページ):http://www.glaciervalley.co.nz

フォックス氷河

氷河の大地

 フォックス・グレイシャーの町は、サザンアルプスのふもとの森の中にあり、フランツ・ジョセフの町よりも一層こぢんまりとした町ですが、アクティビティは充実しています。

遊覧飛行

 フランツ・ジョゼフ氷河と同じで、運行会社も同じなので上記参照。

ヘリハイク&氷河ウオーク

 フランツ・ジョゼフ氷河と同じで、氷河の中央まで飛び、そこから靴にアイゼンを付けてあるきます。

 運行会社:Fox Glacier Guiding(ホームページ):http://www.foxguides.co.nz

マセソン湖

マセソン湖とサザンアルプス

 フォックス・グレイシャー・ハイウエーから、ホテルが立ち並ぶクック・フラット・ロード(Cook Flat Rd.)に入り、レイク・マセソン・ロード(Lake Mathieson Rd.)の車止めまで進みます。

 短い遊歩道を歩いてマセソン湖(Lake Mathieson)を訪れれば、頂上に雪を冠したマウント・クックが、穏やかな湖水に姿を映し出す様子を写真に収めることができるでしょう(1周、約1時間30分)。

ホキティカ

翡翠=グリーンストーンのブローチ

 ホキティカ(Hokitika)の町は、グレイマウス(Greymouth)の町の南西に位置し、ホキティカ川とアラフラ川に挟まれた海辺の町で、アラフラ川一帯に産出する聖なる石、‘ポウナム(翡翠=グリーンストーン)’の産地として知られています。

 町中には、ポウナムの専門店や工房が並んでいて、自分で手作りアクセサリーを作ることも出来るので、良い記念のお土産になるでしょう。

ホキティカ近くを流れる川

 また、ホキティカでは金鉱やポウナム、難破船など、西海岸の豊かな歴史に触れることができます。

 ※ホキティカ観光情報(ホームページ):http://www.hokitika.com

ハースト

ハーストの川富山

 ハースト(Haast)の町は、広大な世界遺産指定地域‘テ・ワヒポウナム’の中心にある小さな町で、北にも南にも東にも、国立公園が広がっています。

 ワナカの町からハースト峠を越え、ハースト川に沿って下った道は、ハーストの町を過ぎると、大きく右手方向へカーブ、そして、海沿いの道はウエストランド国立公園へ続いています。

ウエストコースト・ワイルドライフ・センター

 ウエストコースト・ワイルドライフ・センターは、フランツ・ジョセフの町に2010年に新しくできたセンターで、ここでは世界的希少動物の ‘キーウィ’ や全国に300羽以下しか残っていないと推測される ‘ロウィ’ の生息する森林遊歩道を歩いたり、キーウィの観察コーナーなどでは真近に観察することが出来ます。

 このセンターでは今年(2014年)に入り、1月9日までに54匹ものキーウィの赤ちゃんが誕生したようで、氷河観光の後尋ねてみるのもいいでしょう。

ウエストランド氷河地方の他の町

ウエストランド氷河地方の湖

 ウエストランド地方は、手付かずの自然が残る、断崖の切り立った海岸線が南北600kmにも及ぶ広大な地で、ウエストランド氷河地方は南に位置する地方です。

ロス(Ross)

 ホキティカの町から南へ20Kmほどに位置する、小さな小さな町ですが、この町はニュージーランドの田舎町の中で一番きれいだと感じた町です。

花が咲く街路樹

ファタオラ(Whataora)

 6号線のホックス氷河の北にある町で、鳥のサギで有名な町です。

サギがいる木

「ウエストランド氷河地方」関連記事

 「ウエストランド氷河地方」に関係する記事一覧となります。

To page top ページの先頭へ