サウスランド地方とインバーカーギル

サウスランド地方の草原の中

 南島の最南端に位置するサウスランド地方はニュージーランドの中では一番南極大陸に近く、冬の気候は厳しいものがありますが、スチュワート島を含め、自然がいっぱいの地方です。

 又、西には手付かずの自然が残るフィヨルドランド国立公園があり、その山並みによって、西風がもたらす雨を防ぎ、牧畜に適した土地となっています。

インバーカーギル

 インバーカーギル(Invercargill)は、ニュージーランド南島の再南端部に位置する町で、スチュワート島(Stewart Island)への玄関口になっている為、多くの観光客が訪れます。

インバーカーギルへのアクセス

サウスランド地方の地図

 飛行機ではクライストチャーチからニュージーランド航空が1日5~8便運航、ウエリントンからも運航されていて、市内から約3Kmの空港からは、エアポートシャトルやタクシーを利用して市内へ来ることが出来ます。

 長距離バスでは、主要都市からインターシティなどが運行していて、発着はiサイト(観光案内所)前です。

 ※ニュージーランド航空、インターシティ/ニューマンズ・コーチラインズについては ‘ニュージーランド国内交通’ のページ参照。

 貨物列車は走っていますが客車は走っていません。

貨物列車

市内の見所

道路の中心にある時計塔

 インバーカーギルは1850年代、ダニーデンに入植していたスコットランド人が、牧羊のため開いた町で、ところどころに、石造りのスコットランド風の建物を見ることができます。

 また、当時の名残で、町の名前をスコットランド風に ‘インバーカーゴ’ と発音します。

サウスランド博物館

 iサイト(観光案内所)に併設してあるのが、サウスランド博物館(Southland Museum)で、捕鯨の歴史や、南極地方の島々に関する資料が展示されています。

 また、博物館には、恐竜の唯一の末裔といわれるニュージーランド原生の ‘トゥアタラ(ムカシトカゲ)’ と呼ばれる爬虫類が、トゥアタラ・ハウス(tuatara house)で飼育されています

 トゥアタラは、オスでは頭胴長280mm、全長610mm、体重1Kgに成長し、メスは一回り小さいが、その昔、クック船長がニュージーランドに初上陸した時、マオリ族からの聞き取りでは、「体長2.5mで胴は人ぐらいあり、人を襲って食べる」と聞いたとの記述があるそうです。

 ※サウスランド博物館(ホームページ):http://www.southlandmuseum.com

クイーンズ・パーク

 サウスランド博物館の北にある、80ヘクタールの広さを誇るのが、クイーンズ・パーク(Queena Park)で、夏の頃のバラ園はすばらしく、北側にはゴルフコースもあります。

 子供用プレイグラウンドや、無料のアニマルパークもあり、休日には人々の憩いの場になっています。

水道塔
町の名物の赤レンガの水道塔

 1889年建てられた水道塔(Water Tower)は、イスラムのモスクを思わせる古風な造り、が町の名物になっています。

 毎週日曜と祝日には塔の上の展望台が一般公開され、112段ある階段を上がって、インバーカーギルの町並を一望することができます。

 

ブラフ

朝靄で煙る道路

 インバーカーギルからブラフへと続く1号線は左右を海に挟まれ、早朝にはこのような朝霧が発生して、また違った風景を見せてくれます。

 ブラフの町の有名なものは、世界一と評される ‘ブラフ・オイスター’ でしょう。

海にかかる橋

 インバーカーギルから南へ約27Kmに位置するブラフは、‘ブラフ・オイスター’ の生産地で、毎年5月下旬には ‘ブラフ・オイスター&シーフード・フェスティバル’ が催され多くの観光客で賑わいます。

 また、この港町は、スチュワート島への船の発着港となっている為、夏季には、島に渡る人々で活気づきます。

スターリン・ポイント(Stirling Point)

屋根の上のカモメ

 南島南端のここ、スターリン・ポイントから始まる国道1号線は、クック海峡を越えて北島の北端部まで続きます。

 ここには、世界各地の主要都市までの距離を示した看板が立っていて、ちなみに、東京までは9567Kmあるそうで、観光客のフォト・スポットになっています。

スターリン・ポイントの標識

スチュワート島(Stewart Island)

丘の上から見るスチュワート島の浜辺

 マオリ語で‘ラキウラ(Rakiura)光り輝く空’と呼ばれるスチュワート島(Stewart Island)は、人が定住するニュージーランド最南端の島で、ブラフから南西の沖合い約32Kmに位置する、新潟県佐渡島の2倍くらいの大きさの島です。

 豊かな自然が残るスチュワート島は、数少ない ‘キーウィ’ が生息する島で ‘カカ’ や ‘ウェカ’ ‘カカポ’ などのニュージーランド固有の鳥も多く住んでいます。

「サウスランド地方とインバーカーギル」関連記事

 「サウスランド地方とインバーカーギル」に関係する記事一覧となります。

To page top ページの先頭へ