訪問先をオーストリアに決定するまで

オーストリア行きの飛行機チケット

 今まで海外旅行は10回ほど行きましたが、ツアーだったり個人旅行でもホテルまでの送迎付きで、オプションに参加したり、現地に子供が住んでいて案内してくれたりで、私たち夫婦だけで行動する範囲は限られていました。

 そこで今回は、飛行機からホテル・列車・船の予約から現地での交通チケットの購入に至るまで、全て2人で協力して旅を完成させることにしました。

訪問国を選ぶ条件

 私たち夫婦での間では、海外旅行について日ごろから「なるべく若くて元気な間に行こう」と話し合っています。

 それは、年々、旅行中に重いスーツケースを持ち運んだり、ちょっとした段差で持ち上げると言う動作が大変になってきたからです。

 そのため、旅行先の決定に優先させる条件として、「年を重ねる前は日本からの移動距離が長く疲れが溜まりやすい遠い国」、その後は「日本からの移動距離が短く疲れにくい国」と言う計画を立てています。

 また、その他にも幾つか条件があって、それは以下のような内容です。

  • 政局が安定していて、なるべく安全な国であること。
  • 日本人もよく訪れ友好的な国であること。(何しろ2~3歳程度の英語しか出来ないので)
  • 医療技術も進んでいること。(60歳を超えるといろんな持病を抱えているので)
  • 自然がきれいで今まで行ったことがない国であること。
  • できれば今、日本円がお得に使えること。
  • 宗教的習慣が分からない国は避けること。(知らずに非礼な事をしてはいけないので)
  • なるべく交通網が発達していること。(乗り越し、乗り間違い対策の為)

 オーストリアはこれらの条件を十分満たしていて、ちょうど「ユーロ安」が進んでいた事も訪問先の決めてとなりました。

渡航シーズン・期間と航空会社

馬車でのウィーン観光

 オーストリアに行く事を決めたので、次は渡航シーズンの設定です。

 渡航シーズン・渡航日の設定に際し、オーストリアがアルプスに近く気温が低いことを考えれば、夏の7月か8月の選択がベストかもしれなっかたのですが、9月になると雨が少なく観光客も少なくなって、いろんな予約も取りやすいだろうと考え、9月に決定しました。

 また、10月頃になると飛行機運賃は少しお安くなるようでしたが、オーストリアの観光地の気象条件や予想気温状況をから考えても9月上旬の方が旅行に適していると考えました。

 次に、旅行期間についてですが、期間は10泊すればほとんどの観光地を回れるようですしたが、何しろ夫婦2人っきりの旅は初めての事で、疲れが出る事を考慮して7泊としました。

オーストリア行きのボーディングパス

 渡航の大まかな日にちと旅行期間の設定が完了したので、いよいよ飛行機・航空券チケットについてですが、私たちはANAマイレージを貯めているので、事前にスターアライアンス系列の飛行機にしようと決めていました。

 日本からヨーロッパへの航空便は「ルフトハンザ航空」を始め、様々な航空会社がありますが、以前にスペイン・ポルトガルへ行った時に利用した航空会社が往復ルフトハンザで、日本語の映画が少なく機内で退屈したこともありANAにしました。

 ANAに決定した事で、関空(関西国際空港)から直接ヨーロッパへ飛ぶ事ができず、一度、成田空港を経由して、伊丹から成田空港、その後ヨーロッパと言うルート設定となりました。

 ≫ NEXT「オーストリア旅行に向けた下調べ・予約準備

「訪問先をオーストリアに決定するまで」関連記事

 「訪問先をオーストリアに決定するまで」に関係する記事一覧となります。

To page top ページの先頭へ